スポンサーリンク

[Angular] ダイアログをMatDialogを使って表示する

作るもの

  • ボタンクリックにより、ダイアログを表示させるコンポーネントを作成
  • ダイアログコンポーネントにパラメータを送る
  • ダイアログコンポーネントから、パラメータを受け取る

実践

ダイアログを呼び出す側のソース

  • MadDialogのopen関数で、ダイアログを開けます。
    引数にダイアログのコンポーネントと、連想配列でスタイルとパラメータデータを渡して動かせます。
  • afterClosed().subscribe()で、ダイアログを閉じたときの処理を記載できます。
import { Component } from '@angular/core';
import { MatDialog } from '@angular/material/dialog';
import { DialogComponent } from './dialog/dialog.component';


@Component({
  selector: 'app-root',
  templateUrl: './app.component.html',
  styleUrls: ['./app.component.scss']
})

export class AppComponent {
  message:string;

    constructor(private dialog:MatDialog){
      this.message = '';
    }

    openDialog(){
      this.dialog.open(
        DialogComponent, {
          height: '200px',
          width: '400px',
          data: { send: "ダイアログへの送信データ"}
        }
      ).afterClosed().subscribe(result => {
        this.message = result;
      });
    }
}

<button (click)="openDialog()">ダイアログ表示ボタン</button>

<p>ダイアログからのメッセージ:{{message}}</p>

ダイアログを表示するメソッド

  • MAT_DIALOG_DATAをインジェクトすることで、呼び出し元からパラメータを受け取れます。
import { Component, Inject, OnInit } from '@angular/core';
import { MAT_DIALOG_DATA,  } from '@angular/material/dialog';

@Component({
  selector: 'app-dialog',
  templateUrl: './dialog.component.html',
  styleUrls: ['./dialog.component.scss']
})
export class DialogComponent implements OnInit {

  constructor(@Inject(MAT_DIALOG_DATA) public data: {send: string}) { }

  ngOnInit(): void {
  }

}
  • mat-dialog-closeで、呼び出し元へ返すパラメータを設定できます。
<p>ダイアログ表示</p>
<p>送信メッセージ:{{data.send}}</p>
<button mat-button mat-dialog-close="OK">OK</button>
<button mat-button mat-dialog-close="Cancel">Cancel</button>

実行結果

OKボタンクリック後

Angular
スポンサーリンク
シェアする
trelab