Laravel

[Laravelチュートリアル] 社員管理システム DBテストデータをシーダで作成

社員管理システム DBテストデータをシーダで作成artisanコマンドで社員テーブルのシーダファイルを作成します。php artisan make:seeder EmployeesTableSeeder作成したEmploEmployeesT...
Laravel

[Laravelチュートリアル] 社員管理システム テーブル定義

テーブル定義テーブルは社員情報を管理テーブル1つとし、複雑な設計のテーブルは扱わないことにします。テーブル名は複数系で指定するようにとLaravelの命名規則で決まっています。 日本語名 テーブル名 社員テーブルemployeesカラム定...
Laravel

[Laravelチュートリアル] 社員管理システム 概要と要件

連載記事 社員管理システム テーブル定義 社員管理システム マイグレーションファイル作成 社員管理システム DBテストデータをシーダで作成 社員管理システム モデル作成概要Laravelの扱いに慣れるため、簡易的な社員管理システムを作成して...
Laravel

[Laravelチュートリアル] 社員管理システム マイグレーションファイル作成

DB接続設定DB接続設定は、下記参考。 MySQL(MariaDB)の環境構築マイグレーションファイル作成社員テーブルのマイグレーションファイルをartisanコマンドで作成します。php artisan make:migration cr...
Laravel

[Laravel] DBのデフォルト値をマイグレーションで設定する

DBのデフォルト値をマイグレーションで設定するデフォルト値は、dafaultメソッドを使って指定することができます。 public function up() { Schema::create('emplo...
Laravel

[Laravel] integer型のサイズ(桁数)をマイグレーションで指定する

integer型のサイズ(桁数)をマイグレーションで指定するinteger型のサイズを指定するのには、lengthメソッドでサイズを指定することができます。ただし、Laravelでよく使われるmysqlについては、integer型のサイズは...
Laravel

[Laravel] NOT NULL制約をマイグレーションで追加する

NOT NULL制約をマイグレーションで追加するnullableメソッドを呼び出して、引数にfalseを指定することで、NOT NULL制約を付けることができます。 public function up() { S...
Laravel

[Laravel] ユニーク制約をマイグレーションでテーブル作成時に追加する

ユニーク制約をマイグレーションでテーブル作成時に追加するテーブルの作成時に、ユニーク制約を追加する場合、uniqueメソッドを使用して追加できます。例文 public function up() { Schema:...
Laravel

[Laravel] マイグレーションのロールバックで巻き戻すやり方

概要マイグレーションのロールバック機能を使って、DBの状態を巻き戻します。内部的には、順番にdownメソッドを呼び出して処理していく動きになります。DBの状況確認まずは、DBのマイグレーションがどのように行われている状態かを確認します。コマ...
Laravel

laravelプロジェクトのバージョン確認方法

laravelプロジェクトのバージョン確認方法php artisan --versionコマンドプロンプトなどで、Laravelプロジェクトのフォルダに移動して、上記のコマンドを実行すると、以下のようにバージョン確認が行えます。C:\wor...