スポンサーリンク

XSLT変換で必ず書くものについて解説


概要

XSLT変換をするにあたって、ほぼ必ず書くコードについて記載する。

サンプルコード

変換前XMLサンプル

XSLT

 

変換結果

解説

XML側

XML側で必要なのは、上記の文。
XMLバージョン宣言後に記載する。

こちらでは、どのxslファイルを使ってXSLTの変換をするかを処理している。

XSLT側

バージョンや文字コードの宣言

1行目にxmlのバージョンと文字コードの宣言をする。

<xsl:stylesheet>要素では「xmlns:xsl」属性に名前空間を指定し、「version」属性にXSLTのバージョンをしている。最新は3.0。
基本的に<xsl:stylesheet>要素内にXSLTのコードをすべて書く。

※名前空間はxsl接頭辞がついたタグは、”http://www.w3.org/1999/XSL/Transform”のところにあるといった意味合い。

出力形式

結果の出力は、指定がなければXSLTプロセッサ(MSXSLなど)によって出力のしかたが決まる。
<xsl:output>要素では、出力方法を指定できる。

method属性では、xml,htmlなどのファイル形式の指定。

indent属性は、インデントをつけて見やすい形式にする。ただし、どのようにインデントができるかはXSLTプロセッサによる。

テンプレートの宣言

これは、match属性でパスを指定して、xmlファイルの<root>要素に対して変換処理を行うといったテンプレート宣言。

 

XSLT
スポンサーリンク
シェアする
trelab