スポンサーリンク

Visual Studio Code 画面

VSCodeの画面について説明します。

まず、左のアクティビティバーと呼ばれる所から説明していきます。
アクティビティバーのアイコンを選択すると7のサイドバーに操作できるスペースが表示されます。

1 エクスプローラー

エクスプローラーは、ワークスペースのフォルダ、ファイルなどを管理することができます。

  • フォルダ、ファイルの追加、削除、編集。
  • ファイルをエディタに表示。

2 検索

検索メニューでは、ワークスペースに存在するファイルに書かれている文字の検索、置換を行うことができます。

  • ワークスペース内の文字列検索・置換。
  • 検索条件に含めるファイルまたは除外するファイルの追加。

3 ソース管理

ソース管理では、Git等のソース管理ソフトと連携してソースファイルをバージョン管理したりできます。

4 デバッグ

VSCodeではデバッグができます。拡張機能などを入れることで、その言語やフレームワークのデバッグができます。

5 拡張機能

VSCodeでは拡張機能は必須です。拡張機能を入れることで言語やフレームワークを使えるようになったり、自分が使いやすくなるようにカスタマイズすることもできます。

6 設定

設定メニューが開けます。VSCodeの配色テーマやファイルアイコン、ショートカットキー等の設定変更が行えます。

7 サイドバー

サイドバーは、左のアクティビティバーのメニューから選択した機能の表示して扱えるようになります。

8 エディタ

ワークスペース等でファイルを選択したときに、そのファイルを編集する場所です。