スポンサーリンク

Visual Studio CodeでPythonを使う準備

こちらでは、VSCodeでPythonを扱うための準備を記述していきます。

VSCodeと、Pythonをインストールされてない場合は、以下のページを参考ください。

上記の通りにインストールするだけでも、VSCode上でPythonは使えますが、
VSCodeでPythonの拡張機能を入れることで、使いやすくなります。

Python拡張機能インストール

Pythonの拡張機能をインストールするには、VSCodeから拡張機能の検索をして、インストールするだけです。

拡張機能をインストールすることで以下のようなメリットが挙げられます。

  • 右クリックのメニューがPythonに適用したものになる。
  • 右クリックのメニューで、Pythonファイルを実行できる。
  • デバッグができるようになる。
  • コードの入力サポート。
  • リファクタリング機能の追加。

ドキュメントフォーマットの拡張機能 autopep

autopep8 とは、pythonのコードスタイルガイドラインであるPEP8の形式に、
コードを自動保管してくれる機能です。

 

右クリックのメニューから、ドキュメントのフォーマットを選択すると、
右下にautopep8をインストールするように言われます。
インストールを選択することで、ドキュメントのフォーマットが使えるようになります。

 

Linter pylint is not installed

Pythonの拡張機能をインストールすると、「Linter pylint is not installed」という通知が来ることがあります。

pylintとは、pythonのコードチェックをしてくれます。pylintを入れておくだけで、構文エラーなどが簡単にわかるようになるので、インストールしておくことをお勧めします。