スポンサーリンク

trelab

trelabは情報提供サイトです。調査したことを記事にして掲載していきます。

[sklearn] ラベルエンコーディング(LabelEncoder)の使い方

目次 ラベルエンコーディングとは実装 ラベルエンコーディングとは ラベルエンコーディングは、カテゴリ変数を数値に変換する処理を行います。 実装 PythonのsklearnのLabelEncoderクラスを用いることで、 […]

コメントなし

[matplotlib] 折れ線グラフの線の幅(太さ)・種類

折れ線グラフの線の幅・種類 線の幅の指定はlinewidth引数指定、linestyleで線の種類(破線・点線etc)などを指定できます。

コメントなし

[matplotlib] 円グラフのパーセント割合を表記する

円グラフのパーセント割合を表記する 円グラフを描画するpieメソッドの引数autopctを使うと、割合を表記できます。フォーマット文字列で割合数値をどのように表記するか指定します。 上記の例では、「autopct=&#8 […]

コメントなし

[matplotlib] 円グラフの要素配置順を時計回りに配置する(pieメソッド)

円グラフの要素配置順を時計回りに配置する デフォルトでは、描写の向きは反時計回りですが、counterclock=Falseを設定することで時計回りに配置することができます。

コメントなし

[matplotlib] 円グラフの縦横比率(アスペクト比)を変えないようにする方法

円グラフの縦横比率(アスペクト比)を変えないようにする方法 円グラフをpieメソッドを使って描画するとき、環境によっては、円の形が勝手に楕円系になったりします。 そうならないためには、axisメソッドで引数に&#8217 […]

コメントなし

[matplotlib] ヒストグラムの描画方法(Python)

ヒストグラムの描画方法 histメソッドを使用することで、ヒストグラムを描画することができます。 IN OUT 上記の図を確認すると、乱数の多くは5~15辺りで作成されていることが多いことが分かります。

コメントなし

[matplotlib] 散布図の描画方法(Python)

散布図の描画 散布図を描画するには、scatterメソッドを使用して描画できます。 基本的には第1引数にx座標、第2引数にy座標といった形で指定することで描画できます。 IN OUT

コメントなし

[matplotlib] 積み上げ棒グラフの描画(Python)

積み上げ棒グラフの描画 積み上げ棒グラフを作成するには、全ての成分の合計の棒グラフを描画。そのあと、横軸座標は同じままで、1つずつ成分の値を減らして描画することで積み上げ棒グラフを作れます。 IN OUT

コメントなし

[matplotlib] 棒グラフの描画(横向き・軸ラベル・複数棒・Python)

目次 棒グラフの描画 基本的な描画横向き棒グラフ複数棒のグラフ 棒グラフの描画 基本的な描画 barメソッドで棒グラフを描画することができます。第1引数に棒の横軸位置、第2引数に棒の高さを設定します。 tick_labe […]

コメントなし

[matplotlib] グラフの画像ファイル保存(png・jpgなど)

グラフの画像ファイル保存(png・jpgなど) savefigメソッドを使用することで、画像ファイルとして保存されます。ファイル名を引数に渡して使用できます。拡張子を指定することで、自動的にその拡張子に合わせて画像ファイ […]

コメントなし