スポンサーリンク

[Laravel] ルーティングの使い方(URLでWebページを表示)

ルーティングの基本的な使い方

ルーティングは、基本的な使い方として、WebページをどのURLで表示させるかで使います。
ルーティングの設定を行い、ブラウザからURLを指定して、Webページにアクセスできるようにします。

ルートファイルの定義方法

“routes\web.php”に、以下のファイルを作りました。

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Route;

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

Route::get('top', 'App\Http\Controllers\MainController@index')

デフォルトから加えた個所は以下です。

Route::get('top', 'App\Http\Controllers\MainController@index');

 

文法は、以下のような形で使っています。

Route::[HTTPメソッド]([ルートからのURL], [コントローラーの完全修飾名]@[アクションメソッド(コントローラーで宣言するメソッド)]);

 

他のファイル

コントローラー

コントローラー「app\Http\Controllers\MainController.php」を作成します。
説明は省略。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Facade\FlareClient\Http\Response;
use Illuminate\Http\Request;

class MainController extends Controller
{
    public function index(){
        return view('main.index');
    }
}

ビュー

ビュー「resources\views\main\index.blade.php」を作成します。
説明は省略。

<html>
<head>
    <title>トップページ</title>
</head>
<body>
    <h1>ようこそ、トップページです。</h1>
</body>
</html>

出力結果

“http://127.0.0.1:8000/top”にアクセスすると、以下のように、ビューに記載している内容がブラウザで表示されます。

 

PHP
スポンサーリンク
シェアする
trelab