スポンサーリンク

Laravelのインストール・環境構築(Windows)

Laravelのインストール・環境構築

環境

Windows10での環境構築作業です。

PHP(XAMPP)のインストール

以下を参照し、PHPの環境構築を作ってください。
XAMPPは、PHPにPerlやMariaDBなども一緒に含まれたものになります。

[PHP] XAMPPで簡単にWebサーバーの開発環境構築

Composerのインストール

Laravelを動かすのに「Composer」というPHPのパッケージ管理プログラム必要になるので、これをインストールします。
インストールすることで、何ができるのかというと、パッケージAをインストールしたときに、依存している別のパッケージも自動でインストールしてくれる機能があることが有名です。

以下のサイトからインストールします。

Composer
A Dependency Manager for PHP

「Download」のリンクをクリックして、リンク先で最新の「Composer-Setup.exe」がダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行して、インストーラを起動します。

基本は、デフォルト設定のままで問題ないです。
ここは、Add this PHP to your path?に、チェックを入れます。
チェックを入れることで、環境変数にこのPHPの実行パスが追加されることを許可しています。

後はデフォルトで進めばインストール完了です。

動作確認は、コマンドプロンプトで、「composer -V」を実行して、バージョンが表示されれば問題ありません。

Laravelのインストール

Laravelのインストールは簡単です。
コマンドプロンプトで「composer global require laravel/installer」を実行すれば、最新のlaravelがインストールされます。

インストール後、以下のようにバージョンを確認と動作確認が行えます。

C:\>laravel -V
Laravel Installer 4.2.9

ここまでできれば、Laravelのプロジェクトを作成して、開発に移ることができます。

PHP
スポンサーリンク
シェアする
trelab