スポンサーリンク

[Osqledit] 実行計画の使い方と見方

[Osqledit] 実行計画の使い方と見方

使い方

Osqleditでは、単一のSQLから実行計画の結果を、上部にあるメニューから実行して見ることができます。

見方

以下の実行計画の例を見て説明します。

------------------------ 実行計画 --------------------------
SELECT STATEMENT   Cost = 1
    TABLE ACCESS BY INDEX ROWID EMP 
        INDEX UNIQUE SCAN PK_EMP 
--------------------------------------------------------------------------------

 

  • STATEMENT Cost = 1
    • Costが大きいと、それだけ処理に負担がかかることを示します。これは、インデックスの効き方だけでなく、データ量が多くなることでもCostが増えます。
  • INDEX UNIQUE SCAN
    • ここには、インデックスがどのように振舞うかが書いています。ここのキーワードで調べてみてください。
      今回の場合は、一意キーの検索1回でデータを取得できることを表しています。
  • PK_EMP
    •  使われているインデックス
Oracle
スポンサーリンク
シェアする
trelab