スポンサーリンク

[Django 2] Viewの作成方法 入門

Djangoでビューを作ってみます。

exampleプロジェクト、testappアプリケーションの構成は下記の通りです。

フォルダ構成

example/testapp/views.pyを編集

views.pyには、pythonでの処理を行ってから、レスポンスにビューを渡します。

今回は文字列を返していますが、htmlファイルなどを渡すことができます。

 

example/testapp/urls.pyを作る

アプリケーション単位で、urlの設定をします。

testappフォルダ内にurls.pyを作り、先ほど作ったviews.pyのindexをセットします。

 

example/urls.pyの編集

こちらは、exampleプロジェクトのurls.pyです。testappのurls.pyと混同しないように気を付けましょう。

 

プロジェクトを作ったときのデフォルトの状態

このファイルに、testappのurls.pyの設定をincludeメソッドで適用させ、urlパターンを追加します。

編集後

これで、runserverで起動して

http://127.0.0.1:8000/testapp/にブラウザでアクセスすると、

views.pyのindexメソッドで指定したレスポンスが返ってきます。

Django
スポンサーリンク
シェアする
trelab