スポンサーリンク

[XSLT] xsl:variableで変数の宣言をして扱う


<xsl:variable>の概要

この要素は変数を作成できる。
name属性に変数名を入れて、select属性に変数のデータを入れる。

変数を使用する時は$変数名で使う。

サンプルコード

XML

XSLT

変換結果

 

解説

変数のデータは<xsl:value-of select=”$変数名”/>で取り出せる。

XSLT
スポンサーリンク
シェアする
trelab