スポンサーリンク

Vue.jsのテンプレート

テンプレートにVueインスタンスのdataの値を表示

テンプレートにhtmlコード内で、Vueインスタンスのdataの値を表示する場合は、

{{ dataに入っているキー変数 }}で表示できます。

(例) <span>Message: {{ msg }}</span>

msgの値を、変更することで画面上の表示も動的に変化します。

html内の{{ キー変数 }}に式を書く

{{ }}の中には、式としても値を入れることができます。

公式ドキュメントの例

{{ number + 1 }}

{{ ok ? ‘YES’ : ‘NO’ }}

{{ message.split(”).reverse().join(”) }}

 

例えば、下記のように、5の値が入っているdataのキー変数と、別の数5を足して表示することもできます。

サンプルコード

<html>
  <head>
    <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue/dist/vue.js"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="app">
      {{ value + 5 }}
    </div>
  </body>
</html>
<script>
  var obj = {
    value: 5
  }

  new Vue({
    el: '#app',
    data: obj
  })
</script>

 

実行結果は、10と画面に表示されます。

生のHTMLの表示

Vueインスタンスのdataに入れた文字列にhtmlタグを入れて、

そのタグをhtmlとして動作させるためには、v-htmlというディレクティブが使えます。

 

サンプルコード

<html>
  <head>
    <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue/dist/vue.js"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="app">
      <span v-html="msg"></span>
    </div>
  </body>
</html>
<script>
  var obj = {
    msg: '<span style="color:blue">HTMLコードとしてタグが判断され、青くなる</span>'
  }

  new Vue({
    el: '#app',
    data: obj
  })
</script>

 

実行結果

上記のように、msgのタグが文字列としてではなく、htmlタグの効果を持って表示されました。

まとめ

  • Vueインスタンスのdataの中身は、{{ dataに入っているキー変数 }}で表示できる。
  • {{}}内には式をかける。
  • v-htmlディレクティブでdataプロパティの文字列をhtmlコードとして見れる。
Vue.js
スポンサーリンク
シェアする
trelab