スポンサーリンク

[python] configparserを使って設定ファイルを読み込む

pythonには、設定ファイルを読み込むのに便利なconfigparserというモジュールが配布されています。

そのconfigparserを使って設定ファイルを読み込んでいきます。

環境

  • python 3.7.1
  • configparser 3.5.0

 

configparserモジュールのインストール

pipでconfigparserをインストールします。

pip install configparser

 

設定ファイルの読み込み

設定ファイルと、それを読み取るpythonスクリプトを作ってみます。

 

設定ファイル  server.conf

[Server]
HOST=127.0.0.1
PORT=23
USER=admin
PASS=pass

pythonファイル main.py

import configparser

# 設定ファイルのパス
CONF_FILEPATH = 'server.conf'

config = configparser.ConfigParser()
config.read(CONF_FILEPATH, 'UTF-8')

# confファイルで[]で囲った場所を指定
config_server = config['Server']
config_data = config['Data']

# confで[]の下に変数とデータを入れてる内容を取得
HOST = config_server['HOST']
PORT = config_server['PORT']
USER = config_server['USER']
PASS = config_server['PASS']

print(HOST) # => 127.0.0.1
print(PORT) # => 23
print(USER) # => admin
print(PASS) # => pass
print(config_data['hogehoge']) # => hoge



 

解説

設定ファイルを使って、サーバの情報などを取得するやり方は、

サーバなどの環境が変わる場合どこを変えればよいかとなったとき、

設定ファイルを変えるだけでいいとわかるので便利です。

 

設定情報はソースコードに直接書き込むより、

外部ファイルを使った方が再利用しやすいです。

関連記事

Python
スポンサーリンク
シェアする
trelab