スポンサーリンク

pythonでcsvファイルをテーブル指向で読み込む

テーブル形式のデータを作ったcsvファイルを、きれいに読み込んでいきます。

読み込むcsvは以下の通り。実行するpyファイルと同じディレクトリに置きます。

まずは、ファイルを読み込みカラム名をリストで取得してみます。

1行目にカラム名があるので、readline().split(‘,’)でカラムを1つずつとり、リスト化します。

しかし、最後の要素に改行が含まれてしまっています。

readline()は1行文とってくるので、最後の改行まで読み込んでしまいました。

 

これを解決するには、rstrip()を使用します。

rstrip()をreadline()で1行読み込み後に使用することで、末尾の改行、スペース、タブを削除してくれます。

 

では、実際にテーブル指向で読み込んで、そのデータを使ってtsvファイルのようにタブ区切りのデータとして表示させたプログラムが下記です。

 

実行結果

 

Python
スポンサーリンク
シェアする
trelab