スポンサーリンク

Python 文字列

こちらではPythonで扱う文字列について記載していきます。

 

文字列基礎

文字列は以下の形式で使えます。

1行で書くのであれば、「’」「”」で囲んだものを文字列として使えます。

また「”’」「”””」のように3つで囲めば複数行の文字列として利用できます。

文字列の出力

print関数

文字列を出力するには、基本は以下のようにprint関数を使えば出力できます。

print(変数または値)

format関数

文字列型は、format関数が利用でき、様々な書式設定を行うことができます。

以下では、format(引数0, 引数1, 引数2)を使って、format関数の左側の引数から{0},{1},{2}に代入してくれます。

詳しい書式指定は以下のサイトから確認できます。

6.1. string — 一般的な文字列操作

文字列の連結

+演算子

文字列は以下のように、+で連結させることができます。

 

joinメソッド

  • 区切り文字.join(リスト)

joinメソッドを使うことで、リストの文字列を連結させることができます。

下記のように利用できます。

 

 

文字列の分割

splitメソッド

  • 分割する文字列.split(区切り文字, [分割最大数])

文字列の分割はsplitメソッドを使えば、指定した文字で分割してリストで返却します。

 

文字列の置換

replaceメソッド

  • 文字列.replace(置換される文字列, 置換後の文字列, [置換最大数])

文字列の置換はreplaceメソッドを使えば、指定した文字列を置換することができます。

 

Python
スポンサーリンク
シェアする
trelab