スポンサーリンク

[Oracle] EXPDPでデータベース全体や表をバックアップ

EXPDPとは?

EXPDPは、データベースのデータをdmpファイルとして出力するコマンド。
コマンドなのでコマンドプロンプトで実行する。
これをつかって、データベース全体、テーブル単位など、様々な単位でエクスポートしてバックアップとして残すことができる。

基本構文

FULL=Yが、エクスポートする単位をデータベース全体としている。
指定を変えれば、テーブル単位などに分けることができる。

  • FULL=Y
  • TABLESPACES=[表領域]
  • SCHEMAS=[スキーマ名]
  • TABLES=[表名]
EXPDP [ユーザー]/[パスワード]@[接続文字列] DIRECTORY=[ディレクトリオブジェクト] DUMPFILE=[出力ファイル名] LOG=[ログファイル名] FULL=Y

使用例

使用するには事前にディレクトリオブジェクトの作成をする必要がある。

 

EXPDP testuser/pass@XEPDB1 DIRECTORY=oracle_dir DUMPFILE=XEPDB1.dmp LOG=XEPDB1.log FULL=Y

実行するとエクスポートが始まる。
完了すると、最後に完了メッセージを残す。
エラーがあればエラーが何件あるといったメッセージを表示する。

 

Oracle
スポンサーリンク
シェアする
trelab