スポンサーリンク

【GitHub】アカウント登録方法・インストールなどの環境構築(Windows10)


【GitHub】アカウント登録方法

下記の公式サイトからアカウント登録のリンクをクリックして、
ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力して登録します。

GitHub
GitHubはソフトウェア開発のプラットフォームです。GitHubには8000万件以上ものプロジェクトがホスティングされており、2700万人以上のユーザーがプロジェクトを探したり、フォークしたり、コントリビュートしたりしています。

 

入力して登録のリンクを押すと、完了します。
送られたメールのリンクをクリックしたら、
これで無料版のgithubを使うことができます。

Gitのインストール

自分のOSに合ったGitをインストールします。
今回はWindowsを使っています。
これで、コマンドプロンプトからGit関連のコマンドが使えるようになります。

Git - Downloads

インストールした後にコマンドプロンプトで「git」と入力すれば、
gitコマンドが使えるようになってることがわかります。

Gitのユーザーを作成する

Githubのユーザーとは別の、Gitのユーザーを作成します。
–globalオプションは、すべてのリポジトリ用のユーザーという意味になります。

ユーザー作成できたかの確認

 

次にメールアドレスを登録します。
メールアドレスは、Githubのメールに登録されているものを使います。
Addでメールを追加し
使うものをPrimary email addressに設定します。
そのあと、下記コマンドでGit Bashでも登録します。

 

SSHキーを発行する

推奨はHTTPSになってる

最近、推奨がHTTPSの認証になっているとのことなので、
やり方を下記記事に記載。

[Git Hub] SSHからHTTPSの認証方式にしてみる

SSHキー作成

Gitでは、SSHキーを使った認証をしています。

なので、SHHキーを作成します。

公式ドキュメント参照

そのあと、下記コマンドでSSH キーをssh-agentに追加する。

 

そのあと、Git hubにブラウザからログインして、右上のメニューからSettingを開き、
SSH and GPG keysをクリックして、New SSH keyからキーを作成します。

Keyには、~/.ssh/id_rsa.pubファイルをテキストエディタで開いて、
全コピーして貼り付けします。
Titleは何でもいいです。

Add SSH keyをクリックして、キーの登録が完了しました。

SSH接続確認

下記コマンドを実行して接続確認します。

yesやパスワードとかを入力されることがあります。
結果が下記のようになればOKです。

リポジトリ作成

Git hubで右上のメニューから、new repositoryを選択して作成します。
とりあえず名前を適当に決めて、Privateにして非公開で作成します。
また、readmeにチェックを入れます。

作成完了の画面で、clone or downloadを見て、
SSHになっているか確認します。HTTPSなら切り替えます。

 

Git Bashで、ローカルリポジトリにしたい場所で、
下記コマンドを実行してローカルリポジトリを作ります。

これで、コマンド実行したディレクトリの下に、
testのローカルリポジトリができます。

Git
スポンサーリンク
シェアする
trelab