スポンサーリンク

[Django 2] プロジェクトにアプリケーションを適用させる

Djangoには、プロジェクトとアプリケーションの構成があり、

プロジェクトの中に、アプリケーションが含まれてといった構成になっています。

プロジェクト、アプリケーションの作成の仕方は下記を参考にしてください。

Djangoのプロジェクトを作成する

アプリケーションの作成

 

フォルダ構成

 

上記で作ったフォルダ構成は下記の通りです。

プロジェクト名 「example」 アプリケーション名「testapp」

 

プロジェクトにアプリケーションを適用

アプリケーションのディレクトリにhtmlやpythonファイルを使う前に、

プロジェクトがtestappというアプリケーションを持っていることを認識させる必要があります。

アプリケーションをプロジェクトに含める

アプリケーションをプロジェクトを含めて適用させるには、

example/example/settings.pyを下記のように変える必要があります。

上記では、testapp/apps.pyのTestappConfigクラスをINSTALLED_APPSに追加しています。

これで、exampleプロジェクトは、testappをアプリケーションと認識できます。

URLの設定

アプリケーションを作成したら、そのアプリに

urls.pyを作ってURLの管理をするのが普通です。

 

今回だとtestappフォルダ直下に、urls.pyを作ります。

testapp/urls.py サンプル

上記のtestapp/urls.py をexample/urls.pyにurlの設定に加えます。

example/urls.py

path(‘testapp/’, include(‘testapp.urls’))でtestappのurls,pyを見るようにしています。

path()の第1引数は、URLの先頭に何の文字列をつけるか、

第2引数がアプリケーションのurls.pyというように使っています。

これで基本的な準備は整いました。

Django
スポンサーリンク
シェアする
trelab